本文へ移動

知っておきたい!不動産のお役立ちブログです。

不動産に関する出来事、情報、不動産の知識としてお役立て下さいませ

逗子某所、由緒ある建物を残すためには!

2019-02-14
やぐら 由緒ある場所に多い
逗子には由緒ある建物が多い。
その建物は数名の所有、建物が存在するためには土地が必要です。
土地も共有で数名の所有。
所有権・・・これは絶対的に使用収益できる権限をもつ権利。
建物を残すためには、全員の同意が必要。
もし建物は残したくないという共有者がいる場合、協議が必要となります。
土地も同様に建物の所有者と同一にすることがベストです。
 
土地は相当に広いのですが、その建物が存在する部分の土地を区分する必要があります。
いわゆる「土地の分筆登記」です。
 
十数年まえからの法律で、土地の分筆を行う場合、そのもととなる全体の土地を測量します。
土地に接する官民皆の立ち合いも必要となります。
時間やお金はかかってしまいますが、貴重な建物を残すためにはその費用は検討すべきでしょう。
 
土地の区分とは、・・・ただ面積をはかり境界線の立ち合い証明書(筆界確認書ともいいます)を作成します。永年に有効となります。
それ以上に、その面積、登記簿謄本も同一面積するために、法務局で登記することもおすすめします。
第三者が見ても、明確になると思います。
今回、コンサルタントの依頼いただいた方は、私どもが心から感謝するS先生のご紹介。
想いをもって、できる限りのことをしたい!
そう思っています。
まずは、土地家屋調査士に土地の測量費用を確認してみます。
 
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
毎週水曜日・第1・第3火曜日は定休となります
  • 別荘感覚の小原台一戸建2180万円で販売 
  • 家相・吉方鑑定は要予約。   稲家 
  • 北久里浜徒歩9分RC造一戸建て販売予定
0
0
7
1
1
4
福家ホーム株式会社
〒239-0807
神奈川県横須賀市根岸町4-25-13
TEL.046-836-2985
FAX.046-836-2987
1.不動産仲介
2.売買
3.賃貸管理
4.買取
5.コンサルティング
TOPへ戻る