本文へ移動

知っておきたい!不動産のお役立ちブログです。

不動産に関する出来事、情報、不動産の知識としてお役立て下さいませ

令和3年はたして土地の相場は・・・~地価公示の発表!~

2021-03-25
注目重要
地価変動率
葉山地価公示
逗子地価公示
横須賀市地価公示
三浦市地価公示
地価公示・・・今年も出ましたね!
国土交通省が毎年3月下旬に公表します。
公共用地取得などの基準になる土地評価です。
各基準値をきめて、不動産鑑定士の鑑定評価をもとに公表される価格を「公示地価」といいます。
もちろん、一般の土地取引の指標にもなります。

今回は、コロナ禍でリモートが流行っているなかでの調査。

在宅勤務などやズーム会議も多くなりましたので、東京在住の方が、マリンレジャーを楽しみながら生活するために湘南や逗子などに移住されるかたも多くいらっしゃいました。
「逗子都民」と新聞記事に記載されているくらいでした。

今回の地価公示の変動率をみてみると・・・。
1年のコロナ禍の中なので・・・

神奈川県の南端や湘南に人は沢山集まっているから、地価が上がっている感がありましたが・・・。じつは・・・。
地価公示の変動率からみれば、三浦半島の南端に行けば行くほど値下がり率が高い。
逆に、首都圏に近い神奈川県内の区市町(横浜市でも東急線や小田急線)については上昇している。

最近、おかげさまで、福家ホームの取引は横浜に集中しています。
京急線にのり、小田急線、東急東横線、横浜市営地下鉄を利用して査定や取引にいっています。
それだけに需要が多いのですね。
その沿線の仲介業者と話すたびに・・・「まず物件がないんですよ~!」
と十中八九そのような回答となります。
この現象は、地価が上がる理由にもなります。
地価が上がる・・という根拠。
それは、高額所得層が増えて高額物件が多く売れる!というよりは、不動産の総額は据え置いて、土地の面積が減る・・・となれば、おのずと土地の㎡単価は上がる。
このような傾向なのでしょう。
なぜなら、東急東横線や横浜市営地下鉄線沿線の新築一戸建て中古住宅は、3階建が多いのです。
駅まで歩ければ、まず取引は成立します。

今後の感想としては、コロナ禍の収束に向かいつつ、人は動いてくるのでしょう。
しかし、神奈川県全体のすべての不動産の価格が比例して上昇することはないでしょう。
逆に、地域格差で単価の差異が広がっていくような気がするのです。

海や山などの自然と共感しながらリモート生活を求めるなら、本当に景色がすばらしい場所。
東京都でなくても、多少の乗換で通勤できる横浜で学校や駅、買い物が徒歩圏であるところ。
このような物件はこれからも売れていくのでしょう。

ちなみに、以前、海が目の前にみえる土地売買を行ないました。
海が目の前なら坪100万円売買成立、その一本裏の土地がでましたが・・・坪50万・・・半額。
このような事例もあったくらいなのです。
価値観の違いでしょうね。

まず言えるのは、昭和63年のバブル期のようではないですが、地域によってバブルとなる地域。
バブル崩壊ではないが、地域によっては価格の下落が著しい地域・・・。
これからの格差や推移をしっかり察知して、今後の査定につなげてまいりたいと思います。
長くなりましたが、今回の地価公示をみての感想でした!




2021年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
横須賀市森崎リアンシティ一戸建て入札期間満了しました。
  • 横須賀市安浦町一戸建1380万円販売中
  • 神奈川区六角橋一戸建4980万円販売中
  • 横須賀市津久井中古1850万円成約済み
0
6
3
5
2
8
福家ホーム株式会社
〒239-0807
神奈川県横須賀市根岸町4-25-13
TEL.046-836-2985
FAX.046-836-2987
1.不動産仲介
2.売買
3.賃貸管理
4.買取
5.コンサルティング
TOPへ戻る